医者

うつ病の診断を受けた場合~ハツラツ気分を取り戻す~

治癒までには時間が必要

医者

身体面に症状が出る場合も

うつ病と診断される症状には、気分が落ち込んだり思考力や集中力が低下したりといった精神面の症状もありますが、食欲が低下したり、逆に異常に増加したり、疲労感や倦怠感を感じたり、不眠に陥ったり、手などが無意識に震え出したり、或いは呼吸に異常をきたしたりといった身体面に症状が出る場合もあるのです。そしてこうした身体面の症状が複数認められると精神面の症状が発症した場合と同様にうつ病と診断されるのです。うつ病と発症されると、治療法としてはうつ病の要因となっているストレスの原因から隔離しつつ、抗うつ剤を服用して症状の発生を無くしていく形となります。仕事が忙しすぎることが原因で発症してしまった患者の場合は症状が改善するまで勤務先を休むよう、医師から診断されます。そうして十分な休養を取ることで肉体的にも精神的にも溜まってしまっていた疲労を取り除きつつ、抗うつ剤の服用によってうつ病を抑えていくのです。抗うつ剤は多様な種類が存在します。また、症状の程度によって1回あたりの服用量や服用の頻度も変わってきます。医師は患者との医療面接によって、患者から聞いた話を元にどの抗うつ剤をどの程度で服用する必要があるかを判断します。ですので、1回目の処方はテスト的な意味を持っています。従って患者は1回目に処方された抗うつ剤の服用でどの程度効果があったのかを次回の診察の際により詳しく正確に医師に伝えることで、医師が自分に合う抗うつ剤が何なのか、そしてどの程度の頻度で服用するべきなのかのより正確に診断できるようにしていくことが大切なのです。

1年以上の経過観察が必要

うつ病は抗うつ剤の服用が不要になったからといって簡単に治癒したとみなすことはできない病気です。というのも、うつ病は再発の可能性がかなり高い病気であるからです。例えば仕事が忙しすぎた結果うつ病にかかってしまった人が、仕事を休むことで疲労を回復させつつ抗うつ剤の服用によってうつ病の症状が出なくなったとしても、再びうつ病と診断された時と同じようなペースで仕事をするようになると、再発する可能性は少なくはありません。ですから、一旦症状が出なくなって仕事に復帰する等、発症前と同じような生活に戻ったとしても、発症前よりもストレスの少ない生活を送れるように職場の業務など、ストレスの原因となっている生活環境をストレスが軽減されるように改めつつ、自分の考え方や意識も発症前のような負荷を自分に与えないように変革をさせていく必要があるのです。そうして、慣らしながら徐々に負荷を増やしていくことが再発を防止するためには重要です。そして、通常の生活に慣れて、負荷も増えてきたとしても発症前と同じだけの負荷がかかるような生活に戻ってはいけないということも意識をしておく必要があるのです。このような点に注意しながら通常の生活を送れるようになっていたとしても、最初にうつ病と診断された症状を発症してから1年ほど経った頃は改めて注意をする必要があります。うつ病は季節の変わり目やある特定に季節に再発しやすいという傾向があり、1年後というのは最初に発症したときと同じ季節になりますので、無条件に再発のリスクが高まる時期となるのです。だからこそ、うつ病がいったん治癒したと診断されて抗うつ剤を服用する必要がなくなったとしても、最初の発症から1年経つまでは経過観察が必要なのです。

Copyright© 2015 うつ病の診断を受けた場合~ハツラツ気分を取り戻す~All Rights Reserved.